特待生制度

常磐大学


University

年間50万円、4年間で授業料が最大200万円減免されます。

目的 常磐大学学業特待生とは、常磐大学で学ぶ心身・学術ともに優れている人に対し、授業料の一部を免除し、もって有為な人材の育成に資するための制度です。
対象者
  1. 一般入試I期・II期およびセンター試験利用入試I期・II期の合格者のうち、特に成績優秀な人
  2. AO入試(I期・II期のみ)、推薦入試および卒業生子女入試に合格した入学手続完了者(延納手続を含む)で、入学予定学科の特待生となることを希望して一般入試I期またはセンター試験利用入試I期を受験した人のうち、特に成績優秀な人(この場合、本学が独自に実施する試験の検定料は免除されます。)
  • ※1 希望者は、一般入試I期またはセンター試験利用入試I期の出願期間中に、所定の様式により受験を申し込む必要があります。詳細は、各入試制度の合格発表時に送付する「学業特待生選考実施要項」を参照してください。
  • ※2 必ず入学予定学科が指定する試験科目を受験してください。
  • ※3 一般入試I期またはセンター試験利用入試I期を利用した学業特待生選考の結果により、AO入試、推薦入試および卒業生子女入試の合格が取り消されることや入学予定学科が変更になることはありません。
定員 20名(人間科学部・総合政策学部・看護学部の合計)
減免額 年額500,000円 ※ 各セメスターの授業料350,000円のうち250,000円を減免します。
適用期間 4年間 ※ 3年次進級時に継続審査があります。
学納金比較表 (単位:円)
人間科学部
(心理学科・教育学科)
人間科学部
(現代社会学科
・コミュニケーション学科)
・総合政策学部
人間科学部
(健康栄養学科)
看護学部
通常 特待生 通常 特待生 通常 特待生 通常 特待生
1年次学納金 1,290,000 790,000 1,280,000 780,000 1,370,000 870,000 1,770,000 1,270,000
2年次学納金 1,040,000 540,000 1,030,000 530,000 1,120,000 620,000 1,520,000 1,020,000
3年次学納金 1,040,000 540,000 1,030,000 530,000 1,120,000 620,000 1,520,000 1,020,000
4年次学納金 1,040,000 540,000 1,030,000 530,000 1,120,000 620,000 1,520,000 1,020,000
学納金合計 4,410,000 2,410,000 4,370,000 2,370,000 4,730,000 2,730,000 6,330,000 4,330,000

※「学納金」は、「入学金(1年次のみ)」「授業料」「実験実習費」「施設拡充費」により算出しています。

学業特待生手続

学業特待生手続の概要は次のとおりです。詳細は、学業特待生に対して選考結果通知と併せて送付する、学業特待生手続書類を確認してください。

≪一般入試I期・II期およびセンター試験利用入試I期・II期 合格者≫

  1. 学業特待生合格者には、選考結果通知・入学案内と併せて、学業特待生手続書類を送付します。
  2. 入学手続期間内に、『入学金』、『授業料(減免後の金額)』および『その他の費用』を振り込み、学業特待生手続書類を提出し、所定の入学手続を完了してください。なお、学業特待生手続完了後に他大学への進学を理由とした入学辞退は、原則として認めません。
  3. 一般入試I期およびセンター試験利用入試I期の合格者で他大学を併願している場合は、「延納手続」をして入学手続の延期を申し出ることができます。延納手続の方法は、各入試制度ページの「入学手続」を参照してください。

≪AO入試(IV期を除く)・推薦入試・卒業生推薦入試 合格者≫

  1. 学業特待生合格者には、選考結果通知と併せて、学業特待生手続書類を送付します。
  2. 学業特待生手続期間内に、学業特待生手続書類を提出し、所定の手続を完了してください。
  3. AO入試(IV期を除く)の合格者で「延納手続」をした場合は、指定した延納希望日まで、学業特待生手続を延期することができます。本学に入学する場合は、入学意志を電話連絡のうえ、『授業料およびその他の費用』の全額を金融機関で振り込み、残りの入学手続書類および学業特待生手続書類を提出して、手続を完了してください。
  4. 学業特待生手続完了後に他大学への進学を理由とした入学辞退は、原則として認めません。
  5. AO入試(IV期を除く)・推薦入試・卒業生推薦入試の学業特待生手続完了者には、納入した授業料のうち減免額分を返還します。

特待生制度の詳細は、本学アドミッションセンター(TEL:029-232-2504)までお問い合わせください。

常磐短期大学


College

年間46万円、2年間で授業料が最大92万円減免されます。

目的 常磐短期大学特待生制度とは、常磐短期大学で学ぶ心身・学術ともに優れている人に対し、授業料の一部を免除し、もって有為な人材の育成に資するための制度です。
対象者 特待生選考試験受験者のうち、特に成績優秀な人
定員 8名
減免額 年額460,000円 ※ 各セメスターの授業料330,000円のうち230,000円を減免します。
適用期間 2年間 ※ 2年次進級時に継続審査があります。
学納金比較表 (単位:円)
通常 特待生
1年次学納金 1,260,000 800,000
2年次学納金 1,010,000 550,000
学納金合計 2,270,000 1,350,000

※「学納金」は、「入学金(1年次のみ)」「授業料」「実験実習費」「施設拡充費」により算出しています。

特待生選考試験要領

特待生の選考は、次の要領で行います。詳細は、各入試制度の合格発表時に送付する「入学案内」を参照してください。

受験資格 入学手続完了者(AO入試III期を除く)のうち、特待生を希望する人(延納手続を含む)
試験科目 学力試験:英語・国語(各50点、計100点)
選考試験日程 申込:2019年2月1日(金)~ 2月13日(水)〔13日消印有効〕
試験:2019年2月21日(木)
発表:2019年2月25日(月)
手続:2019年2月26日(火)~ 3月11日(月)〔11日消印有効〕
選考方法 学力試験の結果により特待生を決定します。
選考結果発表 選考結果は発表当日、受験者全員に簡易書留郵便で自宅宛に通知します。

特待生手続

特待生手続の概要は次のとおりです。詳細は、特待生に対して選考結果通知と併せて送付する、特待生手続書類を確認してください。なお、特待生手続完了後に他大学への進学を理由とした入学辞退は原則として認めません。

  1. 入学手続が完了している場合
    手続期間内に特待生手続書類を提出し、手続を完了してください。(郵送の場合は締切日消印有効)
  2. 延納手続をしている場合
    手続期間内に『授業料およびその他の費用』の全額を金融機関で振り込み、入学届以外の残りの入学手続書類および特待生手続書類を提出し、手続を完了してください。(郵送の場合は締切日消印有効)
    ※延納手続を継続して希望する場合は、特待生の資格を取り消します。ただし、合格が取り消されることはありません。

納付金の返還

特待生手続完了者には、入学後、納入した授業料のうち減免額分を返還します。

特待生制度の詳細は、本学アドミッションセンター(TEL:029-232-2504)までお問い合わせください。