国際交流語学学習センター

常磐交換留学生制度(アメリカ・カナダ)

2017年度派遣留学説明会の開催について

2017年度の派遣留学生の募集に関する説明会を下記の日程で行います。派遣先はアメリカ、カナダ、タイを予定しています。留学に興味のある方、自分の語学力を伸ばしたい方、海外でさまざまな体験をしてみたい方など、ぜひ参加して下さい。派遣留学生に選ばれると奨学金も支給されます。

  1. 派遣留学制度に関する共通説明会(アメリカ、カナダ、タイ共通)
    • 日時:11月25日(金)、29日(火)、30日(水) 12:15 〜 12:50
    • 場所:Q棟1階 Q101教室
  2. 国別説明会
    • ① アメリカ、カナダ
      日時:12月8日(木)、14日(水) 12:15 〜 12:50
      場所:Q棟1階 Q101教室
    • ② タイ
      日時:12月7日(水)、13日(火) 12:15 〜 12:50
      場所:Q棟1階 Q101教室

主な活動内容

常磐大学交換留学制度で北米英語圏への留学を希望する場合、本学学生は、アメリカのカリフォルニア州立大学ノースリッジ校およびカリフォルニア州立大学フレズノ校、また、カナダのランガラ・カレッジに、1セメスター期間(秋セメスターのみ)留学することができます。授業料が相互免除となるほか、規定の条件を満たした学生には、奨学金として渡航費や滞在費の一部が支給されます。現地で履修した科目は、申請に応じて本学の学修とみなされ単位を取得することが可能で、他の条件をクリアすれば休学することなく留学することができます。留学に関心がある学生は、交換留学説明会はもちろん、TOEFL-iBT準備コースに参加したり、TOEFLやTOEICの公式試験を受験して、是非応募してください。

アメリカの協定校の正規課程への留学を希望する場合には、応募の条件としてTOEFL-iBTの公式スコアの提出が必須となりますので、計画的に受験をしておいてください。カナダの協定校への留学を希望する場合は、TOEFL-iBTもしくはTOEICのスコア提出が必要となります。

なお、本学ではTOEFL-iBTスコアをアップさせるため、必要なスキルや戦略を習得できる機会として「TOEFL-iBT準備コース」を毎年度2回提供しています。詳しくはTOEFL-iBT準備コースのホームページTOEFL-iBT準備コースのホームページをご覧ください。

2016年度ランガラ・カレッジ派遣留学生からの現地報告

カナダ西部の風光明媚な都市、バンクーバー市にあるランガラ・カレッジに、本年度、2名に学生が派遣されています。それぞれの学生から現地報告が届きましたので、是非ご覧ください。

谷澤 由希子さん(国際学部英米語学科3年)
12月のレポート(学校編)
12月のレポート(日常編)
11月のレポート(学校編)
11月のレポート(日常編)
10月のレポート(学校編)
10月のレポート(日常編)
9月のレポート(学校編)
9月のレポート(日常編)

結城 仁美さん(国際学部英米語学科3年)
12月のレポート(学校編)
12月のレポート(日常編)
11月のレポート(学校編)
11月のレポート(日常編)
10月のレポート(学校編)
10月のレポート(日常編)
9月のレポート(学校編)
9月のレポート(日常編)

2017年度派遣学生募集要項

派遣先大学

カリフォルニア州立大学ノースリッジ校

ロサンゼルス空港より北東へ車で約40分。学生数約3万人の総合大型大学で、留学生も多く、南カリフォルニアの主要観光地に近いことからも高い人気を誇ります。留学生サポートが手厚いことでも定評があります。授業料が免除となる正規課程に入学するには、TOEFL-iBTで61点以上を取得することが必要です。

カリフォルニア州立大学フレズノ校

カリフォルニア州中部、ロサンゼルスとサンフランシスコに間に位置し、フレズノ空港より車で約10分。学生数約2万人の総合大学で、100以上の学科を有します。有数の農作地帯にあるため、農学部が充実しており、ワインの研究でも有名です。授業料が免除となる正規課程に入学するには、TOEFL-iBTで61点以上を取得することが必要です。

ランガラ・カレッジ(バンクーバー市・カナダ)

ランガラ・カレッジは、国連の調査で最も住みやすい都市の一つに選出されているバンクーバー市の閑静な住宅街に位置し、緑あふれる美しい公園のようなキャンパスで学生生活を送ります。1965年設立の2年制公立大学で、語学コースにも定評があり、多くの学生が周辺の著名な大学に編入しています。本学学生は、英語を母語としない学生向けの学術英語コース、Langara English for Academic Purposes (LEAP)プログラムに、授業料免除で在籍します。

派遣期間

2016年8月〜2016年12月

派遣人数

アメリカ 2名
カナダ 3名

応募資格

  1. 交換留学派遣の終了時まで本学の正規学生として在籍が見込まれること。
  2. 学業成績、人物ともにすぐれていること。
  3. アメリカの派遣先大学の学部正規課程への留学を希望する場合は、TOEFL-iBT61点以上。
    大学付属の英語学校への留学を希望する場合は、スコアの最低点数は設けないが、TOEFL-iBTを必ず受験すること。
  4. カナダの派遣先大学への留学を希望する場合は、TOEFL-iBTもしくはTOEICを必ず受験すること。スコアによって奨学金の金額が変わります。

応募書類

下記の書類をすべて揃えて、2016年2月19日(金) 15:00までに国際交流語学学習センターに提出。なお、書類に不備がある場合、受領できないことがありますので、ご注意ください。

【応募書類】
  1. 派遣留学申込書(本学所定用紙、写真貼付)
  2. 派遣留学計画書(本学所定用紙、和文)
  3. 派遣留学小論文(本学所定用紙、英文)
  4. 派遣留学推薦書(本学所定用紙、和文ないし英文)
  5. 成績証明書(和文)
  6. アメリカの派遣先大学正規課程への留学希望者は、TOEFL-iBTのExaminee’s Score Record原本もしくはOfficial Score Report
    * 提出するExaminee’s Score Record(受験者用控えスコア票)は、原本で2年以内に受験したものに限ります。これは、1通しか発行されないため、手元に残して置きたい方は、Official Score Report(公式スコア票)が常磐大学へ送付される手続きを(TOEFLを受験する際などに)とってください。
(参考)TOEFL-iBTスコア提出のためのDIコード

常磐大学: 8602
California State University, Northridge: 4707
California State University, Fresno: 4312

  1. カナダの大学への留学希望者は、1)TOEFL-iBTのExaminee’s Score Record原本もしくはOfficial Score Report、または、2)TOEICのオフィシャルスコア原本

選考

留学計画、語学能力、学業成績、小論文の評価に基づく書類選考と適性等を判断する面接により、本学派遣交換学生として相応しい学生を選抜し、本学学長の承認および派遣先大学からの入学許可をもって正式に派遣が決定します。

派遣費用の支援

派遣留学生として選考された学生には、派遣先大学、およびTOEFL iBTもしくはTOEICのスコアによって、渡航費および現地滞在費の一部に充当する奨学金が受給されます。詳しくは国際交流語学学習センターへ。

単位認定について

交換留学生が派遣先大学で取得した単位は、各学部教授会等の承認を経て、「大学以外の教育施設等における学修 とみなされ、60単位を超えない範囲で本学の卒業に必要な単位の一部として認定されます(但し通常1セメスターで取れるのは10〜15単位)が、その際には、先方における履修科目の内容および時間数が本学の開講科目と対応することが条件となります。なお、派遣先大学付属の英語学校の科目を履修した場合の単位認定は英語関連科目についてのみとなります。

交換留学に関心のある学生は、派遣先大学のホームページ・カタログ等で、専攻の内容や履修できる科目等について十分に情報を得るようにしてください。

申込み・問合せ先

常磐交換留学制度について質問等がある場合は、常磐大学国際交流語学学習センターまで問合せください。

〒310-8585 茨城県水戸市見和1-430-1
常磐大学 国際交流語学学習センター Q棟・図書館1階
Telephone: 029-232-2618(内線:2618)
Fax: 029-232-3075
E-mail:intlco@tokiwa.ac.jp

過去の派遣学生の現地報告・ブログ

2015年度ランガラ・カレッジ派遣留学生からの現地報告

鯵坂 崇史さん(国際学部英米語学科3年)
11月のレポート
10月のレポート
9月のレポート

大川 瑞季さん(国際学部英米語学科3年)
11月のレポート
10月のレポート
9月のレポート

秋田 さとみさん(国際学部英米語学科3年)
11月のレポート
10月のレポート
9月のレポート

2014年度派遣学生のレポート

ランガラカレッジ・バンクーバー カナダ
永井千穂(国際学部英米語学科3年)
12月のレポート
11月のレポート
10月のレポート
9月のレポート

派遣学生の学生たちは現地で学んでいる間、生活の様子をブログに掲載していました。下記のブログからから、楽しかったことや勉強で悩んだことなどを知ることができますので是非参照してみてください。

2012年度派遣学生のブログ

カリフォルニア州立大学フレズノ校
桑名 恵さん(派遣留学当時:国際学部英米語学科3年)http://ameblo.jp/k-kuwana/

2011年度派遣学生のブログ

カリフォルニア州立大学ノースリッジ校
羽生 織江さん(派遣留学当時:国際学部英米語学科2年)http://ameblo.jp/ollieh/

カリフォルニア州立大学フレズノ校
榊原 綺さん(派遣留学当時:国際学部英米語学科3年)http://ameblo.jp/america-a/

2010年度派遣学生のブログ

カリフォルニア州立大学ノースリッジ校
佐々木 佑香さん(派遣留学当時:国際学部英米語学科3年)http://ameblo.jp/merrytune
豊田 友梨恵さん(派遣留学当時:国際学部英米語学科3年)http://ameblo.jp/yt-peach-29/

カリフォルニア州立大学フレズノ校
森田 志穂美さん(派遣留学当時:国際学部英米語学科3年)http://ameblo.jp/ri-hotm

2009年度派遣学生のブログ

カリフォルニア州立大学ノースリッジ校
戸崎 愛美さん(派遣留学中:国際学部英米語学科3年)http://ameblo.jp/wagamama-korosuke/

2008年度派遣学生のブログ

カリフォルニア州立大学ノースリッジ校
小松 梨奈さん(派遣留学当時:国際学部英米語学科3年)http://ameblo.jp/rina1007/
熄シ 真衣さん(派遣留学当時:国際学部国際関係学科3年)http://ameblo.jp/mai-in-northridge/

カリフォルニア州立大学フレズノ校
小池 拓也さん(派遣留学当時:人間科学部コミュニケーション学科3年)http://ameblo.jp/koikelee
西村 奈都美さん(派遣留学当時:国際学部英米語学科2年)http://ameblo.jp/natsumifresno/

2007年度派遣学生のブログ

カリフォルニア州立大学ノースリッジ校
小野瀬 智子さん(派遣留学当時:国際学部国際関係学科3年)http://ameblo.jp/tomokoinnorthridge

カリフォルニア州立大学フレズノ校
飯岡 祐美恵さん(派遣留学当時:国際学部英米語学科3年)http://ameblo.jp/yumie-csufresno/