国際交流語学学習センター

主な活動内容

  1. アメリカ人交換留学生とのグループ学習の展開
  2. 外国人教員や科目担当者による Talk Time(英語会話)の開催(昼休み)
  3. 学生による海外研修や国際ボランティア体験報告の設定
  4. 国際系学生サークルへの情報と活動機会の提供

同時に、海外に向かう学生や本学に来る留学生の支援、国際学会への協力など、教育・研究交流の拡大にも参画しています。

留学生と国際交流!

常磐大学では、中国、韓国、台湾、アメリカ、インド、南アフリカ、バングラデシュ、ブラジル等からの留学生を受け入れています。日本人の学生とともに学び、交流を深めています。国際交流のお手伝いの一環として、過去にはBBQ、餃子パーティー、笠間焼体験、クリスマスパーティーなどを実施しています。

交換留学生と英会話交流!

秋セメスター期間中、アメリカからの交換留学生約10名による英会話交流活動(通称:English Connections/EC)を実施しています。ECは、週1〜3回、日本人学生3〜4名+交換留学生1名という少人数グループによる英会話交流活動で、英語で交流を深めたい学生は誰でも参加することが可能です。毎年100名近くの学生が参加しています。

e-Learning 教材を徹底活用!

常磐大学には、好きな時間に自由に学習できる、語学自習教材(18コース)があります。集中して学びたい時は個別ブースで、友達とグループ学習したい時はオープンスペースで、各々の目的に応じて学習できます。就職に備えて、卒業時までにTOEICや英検の資格を取っておきましょう!

100万語「多読」でハリー・ポッター原書もスラスラ読める!

最近話題の“多読”を知っていますか?子どもが読む簡単な本から徐々に難しい本に進み、合計100万語を半年から数年かけて読み切ると、ペーパーバックや英字新聞もスラスラ読めるようになります。センターは約2,500冊の英語多読教材を完備しており貸出しも行っています。リーディング教材として英語のマンガや小説もあります。その他、語学学習関連図書、視聴覚教材も揃っていますので、空いた時間をフルに活用できます。