インターンシップ

インターンシップは、学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うことであり、学校と企業(非営利団体を含む)、官公庁の連携によって行われるものをいいます。具体的には夏季休暇期間などを利用して、その時期に県内の各事業所によって提供される就業プログラムを体験するものです(期間は1週間程度が標準)。

常磐大学・常磐短期大学では、インターンシップが授業科目(正課)として扱われ、単位として認められているほか、正課外(単位認定を伴わない)インターンシップでは、学生の自主性を生かし、参加のためのサポートをキャリア支援センターが行っています。

インターンシップに参加するメリット

  • 企業で働くイメージをつかめる。
  • 自己の職業適性や職業生活設計など職業選択について深く考えるきっかけとなる。
  • 企業や仕事に対する理解が深まり、職業意識が高められる。
  • 社会人や様々な学生との出会いによって、視野や興味の幅が広がる。

インターンシップ成果発表会

本学では、インターンシップの体験を今後のキャリア形成に効果的に活かすため、事前・事後講義を徹底して実施しています。事前講義ではまず、インターンシップについて理解し、個人目標を設定します。また、業界・企業・仕事について研究すると共に、ビジネスマナーを学習します。事後講義では、プレゼン形式で就業体験の成果を発表します。発表会には、学内関係者だけでなく受け入れ企業の担当者をお招きし、『スライド・話の順序』『声・言葉遣いなどの表現』『身振り、態度』など、学生のプレゼンテーションに対する評価やアドバイスをいただきます。参加学生は、これらの体験や学習を通して、将来のビジョンを確かなものにします。

主なインターンシップ実習先 (順不同)

【自治体】
茨城県庁/茨城デザインセンター(茨城県庁)/医療大学付属図書館(茨城県庁)/県立リハビリテーションセンター(茨城県庁)/水戸市役所/那珂市役所/常陸太田市役所/日立市役所/土浦市役所/笠間市役所/鉾田市役所/鹿嶋市役所
【企業等】
阿さ川製菓/木内酒造/幸田商店/魚の宿まるみつ/飛勘水産/金属技研/羽田発条製作所/モーハウス/茨城セキスイハイム/ノーブルホーム/常陽銀行/茨城県信用組合/筑波銀行/水戸証券/水戸プラザホテル/鹿島セントラルホテル/Plan・do・see/スパリゾートハワイアンズ/アクアマリンふくしま/ネッツトヨタ茨城/ネッツトヨタ水戸/茨城トヨペット/茨城ダイハツ販売/トヨタカローラ新茨城/栃木ホンダ販売/カスミ/マルト/山新/ケーズデンキ/ワンダーコーポレーション/八百邦/水戸ヤクルト販売/トヨタレンタリース茨城/社会保険労務士法人葵経/JA全農茨城/水戸ホーリーホック/日宣メディックス/スタジオサカ/茨城新聞社/マイナビ/ローソン/アサイン/ロジックデザイン/キャノンシステムアンドサポート/アジアヨシノヤインターナショナル(マレーシア)他多数


インターンシップ | TOKIWA ROAD

インターンシップ体験記はこちら